たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

おすそ分け

f:id:tamagokakegohanlove:20170806072328j:image

今朝、友人から写真が送られてきました。

富士山頂からの今朝の朝日です。

昨日の夜から登ったそうです。

とっても綺麗・・・。

 

今日もみなさんにとって素敵な1日になりますように♡

夏休みなので

小学生の長男は夏休み真っ只中です。普段はめったに行かない場所へ、どんどん行ってみました。

まずは釣り堀で虹鱒釣り。

f:id:tamagokakegohanlove:20170805161831j:image
f:id:tamagokakegohanlove:20170805161920j:image

釣った魚はそのまま持っても帰れますが、塩焼きやお刺身にして食べて帰ることもできます。新鮮でコリコリしたお刺身と、熱々ふわふわの塩焼き。とても美味しかったです。

f:id:tamagokakegohanlove:20170805162053j:image

映画「忍びの国」。コミカルとシリアスな場面が絶妙で、子供も飽きることなく楽しめたみたいです。10歳の息子の映画を見終えた感想は「お金って怖いな」でした。そこ!?(笑)と絶句したけれど、でも・・・たしかにね、と母も納得。

f:id:tamagokakegohanlove:20170805162119j:image

ケンタッキー。恥ずかしながら5年ぶり。白米好きな息子と私は、「ご飯と一緒に食べたいね・・・」とスパイスのきいたチキンを頬張りました。邪道かなー。

f:id:tamagokakegohanlove:20170805162144j:image
カラオケで歌ったのは3年以上ぶり。最初はマイクを使っても声が小さかった息子。帰るころにはマイクなしで熱唱!最後は星野源の「恋」を一緒に歌って大満足。「恋ダンス」が踊れたらもっと盛り上がっただろうな。

長ーい夏休み。夏休みはまだまだ続きます。私もお盆休みが待ち遠しい・・・。

悔しさ

f:id:tamagokakegohanlove:20170729090437j:image
会社に同じ年に入った人達がみんな仕事ができる人に見えて、私は自分がミスをする度、どうして私はできないんだ!と凹んで落ち込んでいました。自信がないから、誰のミスか分からないことも、私か・・・といつも思ってしまう。

先日、上司とそんな仕事のことで電話をする機会があり、恥ずかしいことを言ってしまいました。ちゃんと仕事ができるようになりたい、同じくらいに入った人達はみんな仕事ができて、自分はこんなんで悔しい!何かしらみんな長けているものがあるのに、私には何もない。人間関係もろもろで辞めたいと言っているのに辞めないのは、できないこんな状態では辞めたくないから。辞めるならちゃんとできるようになってから辞める!と。出してはいけない心の声。めちゃくちゃなことを言ってしまいました。

上司は年下で、仕事中以外は友達のように接することができる人。勤務後だったこともあり、上司なんだけど友達のような感覚から言ってしまいました。悔しいなんて、私嫉妬してます!と言っているようなもの。できるようになってから辞めるなんて、これは言っていて違うなと思ったけれど・・・。実際できるようになったからって辞めないと思う。ただ、人よりできない悔しさやできるようになりたい!という気持ちがある今、辞められないだけ。自分のことは棚に上げて人のミスに厳しい同僚を、私がその子よりできるようになって見返してやりたいという思い。見返してやりたいなんて怖い感情かもしれない。でも復讐心ではなく、見直してほしいとか対等になりたいという気持ち。見下される辛さはもう充分味わったから。私は、かなり頑固で負けず嫌いです。

上司は、他の人ができているわけじゃないけどなと言いました。誰々は仕事が早過ぎて大ざっぱでできていないという上の人達の認識らしいし、私から見れば同僚がしている仕事は難しいことをしているように見えるけれど、実際は一番簡単な仕事で、それ自体もその子ができる人というわけじゃないと・・・。そして上司自身はひたすら毎日「作る」仕事をしているけれど、いくらやってても失敗はするし、うまくいかない、できていないと。私の長けている部分を具体的に話してもくれました。

周りができるように見えるのは自分ができないからだと思っていたけれど、他人のできる部分が見えていただけだったのかもしれない。他人のできない部分が見えているより、できる部分が見えている方が良いかも。できない部分やミスを指摘して上から目線の人になるより、できる部分を見て、悔しさからできるようになりたいという意欲に変わるなら、嫉妬のような感情も悪くないのかな。

人と比べないとか、他人ではなく過去の自分と比較するとか、自分は自分とか、他人と比べることは良くないことで他人の評価に振り回されていたらいけない。他人軸ではなく自分軸ともいう。でも自分は自分と思える時もあれば、人と比べてしまう時もあるし、そんなにいつも強くいられなくてもいいと思う。負の感情が悪いわけではなくて、いつまでも気持ちの切り替えができずにネチネチしているのがいけないだけ。

できるとかできないとか書きすぎて、できるって何なのかがよく分からなくなってきました。人のミスには寛容になれるのに、自分のミスは小さなことでも寛容にはなれません。他人に優しく自分に厳しく、ってよく聞く言葉だけれど、人に優しくするように自分にもたまには優しくしてあげた方がいいのかもしれない。自分を怠けさすためじゃなく、前に進むために。

天保山へ

大阪の海遊館へ行ってきました。

f:id:tamagokakegohanlove:20170723184535j:image
f:id:tamagokakegohanlove:20170723184404j:image

f:id:tamagokakegohanlove:20170723184433j:image

f:id:tamagokakegohanlove:20170723185115j:image
f:id:tamagokakegohanlove:20170723185055j:image

f:id:tamagokakegohanlove:20170723185304j:image

f:id:tamagokakegohanlove:20170723184640j:image

f:id:tamagokakegohanlove:20170723184659j:image

なにわくいだおれ横丁でお昼ご飯。

f:id:tamagokakegohanlove:20170723184909j:image

その後は、観覧車に。

f:id:tamagokakegohanlove:20170723184722j:image

f:id:tamagokakegohanlove:20170723184742j:image

魔法の美術館へ。

f:id:tamagokakegohanlove:20170723185001j:image

f:id:tamagokakegohanlove:20170723185017j:image

笹飾り

f:id:tamagokakegohanlove:20170720182525j:image

毎年、保育園で作成する七夕の笹飾り。

昨年までは本物の笹でしたが、今年は偽物(?)の笹になっていました。本物の笹の時は茶色くなってすぐに枯れてしまったけれど、今年は枯れることなくずっと青々としています。

なので、この笹・・・枯れないから捨てにくい。飾りは残しておくけれど、この笹どうしよう。捨てればいいだけなんだけれど、気持ち的に捨てにくい。

次男は今年年長さんなので、こんな笹飾りをもらって帰るのも今年が最後です。来年からは小学生。昨年も今年も、次男の夢は「マリオになりたい」。来年はどんな夢を思い描くんだろう。