読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

思ったこと・考えたこと

嫉妬する気持ち

今日も早く目が覚めてしまい、新聞配達のバイクの音がもうそろそろ聞こえるはず(--;) 『嫉妬』する気持ち。 ネガティブになって、もっと自分に自信をなくして、何も楽しめなくなって、そんな自分が大嫌いで・・・という状態にたまに陥ります。最近は1日に何…

『自己啓発本』を読むこと

『自己啓発本』を読み漁っていた時期があります。 その時の私は精神的にまいっていたし、でも前向きな気持ちもどこかにあって、どうにか今の状況を良くしたい、自分を変えたい、何かにすがりたいという気持ちで本を読んでいました。 誰にも言えない悩み、相…

お盆休み終了~家族それぞれの道

今日でお盆休みは終わり。 明日から通常モード☆ お墓参りへ行ったり、親戚で集まったり、日帰り温泉や家族団らん・・・ 幸せな連休になりました。 お墓の前でみんなで手を合わせている時、家族揃ってこうしてご先祖様に「ありがとう」と言えることがなんて幸…

おばちゃん

「おばちゃん化」してきていることに気付いた私。 私が勤めている会社には、20代、50代、60代の女性が働いています。 私は30代、そして30代は私1人だけ。 50代、60代の方達からは、若い子チーム(?)に私も入れてくれているのだけれど、「いやいや、私もう若く…

結婚生活、順調とは言えないけれど・・・

結婚生活9年目。 お付き合いからいれると16年目。 夫ともうそんなに一緒にいるの!?と年数かぞえてビックリしました。 うちは夫の仕事が忙しく、平日は帰りも遅いし休日出勤もあり、家にいないことが多いです。ゆっくり話をする時間もなくて、それが結構寂し…

たった1ヶ月でも、人は変われる!

『自分が変わった!』と気付いた出来事が週末にありました。 子供関係の集まりで、お母さん達とお話をしていたときのこと・・・ 「私、ちゃんと会話の輪の中に入れている!」と。 私は今まで、1対1なら喋れるけれど3人以上になるとうまく会話に入っていけな…

専業主婦→兼業主婦になって思ったこと

専業主婦を8年、そして今年の春から働きに出ています。 働きだしてから感じるのは、専業主婦の時の方がストレスが強かったということ! ストレスの種類が全く違うんです。仕事をすることでプライベートな時間は一気に減るのだけれど、減ったら減ったで良い…

大人だって甘えたい時がある

久しぶりの更新になってしまいました。 購読させていただいている方のブログを読むこともずっと滞っていました(>_<) 仕事と家事・育児の両立、やらなければいけないことが盛りだくさん。要領が悪いのか、時間が全く足りません・・・。 こんな毎日を繰り返し…

入院中にいただいた手紙

次男を妊娠中、切迫早産で入院していた時がありました。 その時に私の実家のご近所の方からお手紙をいただいて、今でもふとした時に読み返します。(父と幼馴染の女性で、いつもとてもお世話になっている方です) 今日も突然思い出し、その手紙を読んでみま…

人との距離間が年々変わってきました

今までに何度も誘われた、Facebook。 Facebookをしている子達からその良さを聞けば聞くほど、「私には必要ないなぁ・・・」と思ってしまいます。 友達がいつどこで何をしているのか、あまり気にならないというか、知りたい!という欲求がなくて、自分の近況を…

母のこと

今日は母の日。 私の母は、60歳の時ガンで亡くなりました。 病気が分かった時には、既にステージ4の末期。 すぐに入院となり、4ヵ月後に他界しました。 母が病床で私に言った言葉。 「お母さん、バチが当たったね」と。 びっくりしました。 心の病をずっと抱…

ブログを通しての繋がり

昨日、私の大好きなブロガーさんが引退されました。 毎日ブログを拝見していたので、ブログを続けていくことに対して悩まれていることは文章を読み知っていたけれど、やめることになるとは思ってもいなかったのでとても驚きました。 「泣きそうです」「とても寂…

時には「理由」なんて考えなくていい

「こんな事していて何の意味があるんだろう・・・」って思ってしまう時があります。 楽しいからやっていた事なのに、必要だと思ったからやっていたことなのに、突然頑張っている自分がバカらしくなってしまう時があります。 そんな時に、この歌を聴いて心が軽…

友達を家に呼ぶと、部屋が片付く☆

『友達を家に呼ぶと、部屋が片付く』 これは、普段から家が綺麗に整い、掃除を完璧にされている方には当てはまらないと思います。 綺麗好きな友達が掃除をしてくれるわけではありません(^^;) (そういう場合もあるかもしれませんが・・・)人を家に呼ぼうと…

阪神・淡路大震災から20年

1995年1月17日 午前5時46分父の大声が、今も鮮明に思い出されます。 私が住む町は震源地から離れており、大きな被害はありませんでしたが、それでもかなり揺れ、初めて経験する大きな揺れに驚き、ただただ怖かったことを覚えています。うろたえる母と私は布…