読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

心があたたまる禅の言葉 サダマシック・コンサーレ ⑦

最後の章です☆ こんなに1冊の本を毎日マジメに読んだことがなかったので、今までの自分の本の読み方は浅かったかもしれないと反省しました。 多読によって、自分が好きな本に出会える確率はきっと上がるだろうけれど、1冊の本をじっくり読むことはもっと大…

心があたたまる禅の言葉 サダマシック・コンサーレ ⑥

6章 真実 真実は意外なところに。 ・空(くう) この世のすべては実体のない空である。すべて意味があり、すべてが空。 ・夢(ゆめ) 夢とは、何にもとらわれることのない心境、境地。世界は全てはかなく、散って消えていく夢の世。 ・不可思議(ふかしぎ…

心があたたまる禅の言葉 サダマシック・コンサーレ ⑤

5章 志 志を持って生きる。 ・百尺竿頭に一歩を進む(ひゃくしゃくかんとうにいっぽをすすむ) 目的を達成したときに得たものを守り満足するのではなく、自分の経験を人に役立てるための新しい一歩を見つけよう。 ・廓然無聖(かくねんむしょう) 功徳を求…

心があたたまる禅の言葉 サダマシック・コンサーレ ④

今日で、この本のことを書くのは4日目。 毎日禅の言葉を読んでまとめるというのは、思っていた以上に大変なことでした~。 立派な考えや教えは、たまに読むからいいのかもしれない☆ 4章 人生 悔いのない人生に。 ・日々是好日(にちにちこれこうじつ) 毎日…

心があたたまる禅の言葉 サダマシック・コンサーレ ③

3章 心 いま、心を解き放つ。 ・一心(いっしん) すべての源は心。ものごとの結果を左右するのはあなたの心持ち次第。 ・洗心(せんしん) 心に浮かんだ疑い、迷い、妄想という心の汚れを洗い流そう。気持ちが一新されると、今まで悩んでいたことを小さく…

心があたたまる禅の言葉 サダマシック・コンサーレ ②

この本の著者、サダマシック・コンサーレさん。 東京都千代田区近辺で、女性のお悩み相談を生業とするカウンセラーだそうです。 お名前からして外国人の方なのかな? (本名とも限らないか・・・。) 男性なのか?女性なのか? 色々調べてみましたが、結局分…

心があたたまる禅の言葉 サダマシック・コンサーレ ①

禅宗とは仏教の一派で、南インドの達磨(だるま)が創始したといわれています。 その禅宗の教えを表した言葉が「禅語」。 この本では、ほのぼのとしたイラストを交え、優しい言葉で禅語を解説しています。 普段私達が日常的に使っている言葉の中にも、「禅語…