読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

くらべない幸せ   香山リカ

くらべない幸せ ?「誰か」に振り回されない生き方?

他人とくらべたために、

自分がすでに持っている幸せが

見えなくなるなんて、

本当にもったいない。

 

テレビ出演もされている、精神科医である著者の香山リカさん。

 

ー私、ダメなんですよねえ、このままじゃ。

そう言って診察室にやって来る女性に著者は必ずこう問い返すそうです。

「“ダメ”って決めているのは、誰なんでしょう?」

 

自分にはないものを持っていたり、自分とは違う状態にいたりする人を見ると、自分と比較してはうらやましがったり落ち込んだりして、自分はダメな人間だと自分を責めてしまう。

 

比べて良いことなんて何もないのに、どうして比べてしまうんだろう。

 

 

何が手に入ろうと、どんな立場になろうと、だれもが“もの足りなさ”からは解放されない。「これかな?」「いや、こっちかもしれない」と“もの足りなさ”を埋めてくれる何かを求めてさまよっている。

 

本当に必要なのは、もっと何かを手に入れることじゃなくて、今すでにあるものを自信や自己肯定感に変える。それができないかぎり、いくら別のものを手に入れることができても、“これで満足”とはならない。

 

つい人と比べて私はダメだーーーって思ったとき、

この本に書かれてあったことを思い出そうと思います。