読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

年賀状だけのお付き合い

日々のこと

毎年、年賀状を出す時に思うことがあります。

 

普段全く連絡を取り合わなくなった友人・知人に、

毎年年賀状を出し続けるべきなのか?と。

 

「またいつかみんなで会いたいね」なんて、毎年同じような一言を添えて出すのだけれど、このままずっと毎年続けていくのか?と思うのです。

もしかしたら相手も同じように思ってるかも?と思ったりもします。

そうかといって年賀状の付き合いすらやめてしまうと、本当に何の接点もなくなってしまうことの寂しさもあります。

 

悩んだ末に、結局毎年出すのだけれど。

悩んで出したくせに、相手から今年も変わらず年賀状が届くと正直嬉しいし、元気でやっていることを知れてほっとします。

年賀状の写真に、子供の数が増えていてビックリする時もあります(^_^;)

 

私はまた毎年懲りずに悩んだ末、年賀状を出すんだろうな~。