たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

友達を家に呼ぶと、部屋が片付く☆

『友達を家に呼ぶと、部屋が片付く』

これは、普段から家が綺麗に整い、掃除を完璧にされている方には当てはまらないと思います。

 

綺麗好きな友達が掃除をしてくれるわけではありません(^^;)

(そういう場合もあるかもしれませんが・・・)
人を家に呼ぼうとすると、掃除や片付けを念入りにするので、必然的に家中が綺麗になります。 

我が家だけかな?

 

普段から一応綺麗にはしているつもりですが、来客目線で掃除をすると細かい部分に目がいきます。
私は面倒くさがりで大雑把な性格なので、普段掃除をしていても細かい部分が気にならず、完璧な掃除ができていません。

 

なので来客の予定がはいると、その日までに毎日ちょこっとずつ部屋を整えます。

捨てよう捨てようと思って捨てていない広告や新聞、雑誌類の処分。

換気扇付近の油汚れ。

テレビ台の下(子供の小さいおもちゃが転がっている)。

家具の凹凸部分のほこり。

金属製のスプーンやフォーク等をピカピカに磨く(家で一緒にご飯を食べることが多いので)。

コップに茶渋がついていないか確認。

吸水性のいいふわふわのタオルの準備。

 

そして・・・

「完璧~♪♪♪」と掃除を終え、最後に私がいつもすること。

 

それは、一旦部屋を出て、お客様になったつもりで部屋に入る!

そうすると、見え方が違うのです。

全体がパ~ッと開けて見えるというか。

その時は細かい部分は見えなくて、部屋全体のバランスがよく分かります。

 

そして無事当日を迎えます。

来客といっても、気を使わない友達ばかりですけどね。

友達の家にお邪魔すると、小さい子供がいても綺麗にしているお宅が多いので、我が家に呼ぶときはつい掃除に気合が入ります。

「綺麗な部屋で迎えたい」という自分のプライドから掃除をしている部分も大いにあります。

 

我が家には高価な物は何も置いていないしとってもシンプルですが、自分の小さなプライドと、少しでもくつろいでもらいたいがための大掃除。

自分の家のように、ゴロゴロしてくれるととっても嬉しい☆

『脱こたつ』を実行している私ですが、この時期はこたつがあると喜ばれるので、この日だけは解禁しています。

 

月に1、2度の来客で、我が家は定期的に整っていく。

半強制的ですが、これが私にとっては一番効果のある方法です。