読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

【体内記憶】3歳の息子に聞いてみた

子供のこと

ある夜、布団の中で3歳の次男に聞いてみました。

「お母さんのお腹の中にいた時のこと、覚えてる?」と。

 

子:「覚えてる~。」

私:「覚えてるんだ~!お腹の中でどんなことをしてたの?」

子:「袋の中で~。おもちゃで遊んでた。」

袋の中って、胎のう(赤ちゃんが入っている袋)のことかしら?

おもちゃって、なんだろう・・・?

 

そして、息子はどんどん話し始めました。

「お母さんの声聞こえた。〇〇(長男)の声聞こえた。パパの声聞こえた。」

目つむって~、ぐりぐりぐり~って(布団から出て立ち上がり、頭を下げながら前に突き出して、ドリルのように頭を動かしながら)。頑張った!」

 

お腹の中にいるとき、外の私達の声は聞こえていたんですね。

頑張ったっていうのは、産道を通るときのことを話しているみたい。

 

 体内記憶を聞きたくて、長男の時も2、3歳ごろ聞きましたが、全く覚えていないのか話を聞くことはできませんでした。

そして、3歳になったばかりの次男。

聞くのが遅かったかなと思っていたのですが、今がベストタイミングだったようです。

 

妊娠中の方は、たくさん赤ちゃんに話しかけてあげてください。

ちゃんと赤ちゃんはその声を聞いています。

小さいお子さんがいる方は、お話ができるようになったらお腹の中でのことを聞いてみてください。

もし聞けたら、とっても感動します。