読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

ブログを通しての繋がり

昨日、私の大好きなブロガーさんが引退されました。

毎日ブログを拝見していたので、ブログを続けていくことに対して悩まれていることは文章を読み知っていたけれど、やめることになるとは思ってもいなかったのでとても驚きました。

「泣きそうです」「とても寂しいです」なんて、子供のようなコメントを書いてしまって申し訳なかったと猛反省・・・。なのに、また温かいコメントを返してくださった(>_<)

生活第一です。ご家族のこと、ご自身のこと、生活のことを一番に考えて決断されたこと、とても素晴らしいと思います!

 

やめられた理由、痛いほど分かります。

私も専業主婦で、小さい子供がいます。ブログを書くことは楽しいけれど、スマホを見る時間が増えることで生活が悪い方向へ傾いていっている気がする。そしてこれではいけないと思い毎日更新を諦め、私は不定期更新に切り替えました。すっぱりやめたわけではないので全く同じとは言えないものの、少しずつですが元の生活に戻ってきた気がします。(でも今も模索中・・・。)

 

ブログを始めてほぼ4ヶ月。その当時からブログを行き来していた方の半分ほどの方はブログをやめていたり、休止されています。最近更新がないなとふと思い出し訪れてみると、ブログ自体が削除されていることもあります。ブログをずっと続けていくことの難しさを感じます。真剣に向き合えば向き合うほど、続けることが難しくなるのかもしれません。また、心に傷を負って離れる方、書くことが面倒になってやめる方もいるでしょうし、環境の変化でやめざるを得なくなった方もいるでしょうし、やめる理由は様々だと思います。程よい距離間でバランスをとれれば一番良いのでしょうけれど、それがなかなか難しい。

 

休止宣言をされる方や、ブログを引退することを最後にきちんとご報告される方は、読者を大切にされている方だと感じます。(決して報告がないからといって大切にしていないという意味ではなく、特に大切にされていることが感じられるという意味で・・・)ブログを通してだけの繋がりであっても、人と人との繋がりには変わりありませんものね。

これからもそんな人と人との繋がりを大切にしていきたい、そう思います。