読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

子供の話はデリケートです

子供のこと

我が家には男の子が2人。

周りから、「男の子だけだと寂しいよ」とか「女の子1人は欲しいでしょ?」とか、息子2人を連れてスーパーに行ったら、見知らぬ人から「どっちかが女の子だったら良かったのにね~」なんて、今までに色々なことを言われてきました。

 

男の子が続くと、好意的な言葉をかけてくれる人は少なくて、こんなにも男の子を授かることへの世間の声は冷たくて批判的なの!?とビックリしました。(私の周りだけかもしれませんが・・・)

その当時は言われたことに傷付き、実際女の子もほしかったという気持ちもあったから、精神的に辛かったです。逆に、女の子が続いて最後に男の子を授かった人は、「でかした!」と義理の両親から大層喜ばれたそうで、それはそれで「上の娘2人は嬉しくなかったのかー!」と怒っていました。難しいですね・・・。

 

私の高校時代からの友達は2人姉妹(私の友達は姉)で、友達のお母さんは2人目を妊娠した時に親戚から男の子を熱望されていたそう。でも生まれてきたのは女の子。友達が言うには、妹は周りから可愛がってもらえなくて、そのせいなのかどうかは分からないけれど、精神的な病気になり入退院を繰り返しています。ひどい話です。私は何度も友達の妹に会ったことがあるけれど、純粋で明るくてとても可愛い子です。純粋だからこそ、マジメな子だからこそ、精神的な病になってしまったのかもしれません。そのお母さんも周りからの言葉にとても傷付き、子供達が小さい時は育児の疲れもあり精神的にまいってしまったそうです。

 

男でも女でもどっちでもいいじゃない?余計なお世話よ!と内心怒りながらも、傷付いているお母さん達がいます。傷付いてもなかなか言い返せません。

そして、そんな傷付くことを言うのは、孫がおられる世代の方がほとんどでした。私の父も含めて・・・。その方達も母として父として奮闘していた時があるはずなのに、あるからこそなのかもしれませんが、経験談から色々なことを言ってきます。たしかに男女の違いはあるだろうけれど、その子の持って生まれた性格もあるだろうに、そこまで決めつけるのか・・・と腹が立ちます。結婚したら子供は産むものとか、早く産むべきとか、兄弟は多いほうがいいとか、男の子はこうだとか、女の子はこうだとか・・・。

 

もちろん、子供の誕生や成長を純粋に喜んで、温かい声をかけてくれる方もいます。育児に疲れている時に前向きな言葉をかけてもらえると、子供達のことを優しく見守ってくれている方がいるんだととても元気がでます!

近所に孫が7人いるおじいちゃんがいるのですが、その方は会うといつも、息子達を見て「大きくなったね~。将来が楽しみだね~。」とニコニコ話しかけてくれます。

亡くなった母は、父が「また男の子か・・・。女の子なら良かったのに」とか、出産した当日にまで「男の子だけど仕方ない・・・」と散々な言葉を私に言った時、「元気に生まれてきてくれたんだから良いじゃない」とぼそっと言ってくれました。普段は黙っていることが多い母の突然の言葉に驚きました。すごく嬉しかったです。母は私が2歳頃の時に、2人目の子を早産で亡くしているので、子供が無事に生まれてくることがどれほど奇跡的なことで、どれほど幸せなことなのかを身に沁みて知っています。

 

子供の話はとてもデリケートです。

子供がいてもいなくても、男の子でも女の子でも、一人っ子でも兄弟がいても、それは周りがどうこう言うことではないし、どうこう言ったからといってどうなるものでもない。

いっぱい傷付いてきたけれど、これも必要な経験なのかもしれません。自分が言われて嫌だったからこそ分かることもあると思うから。