たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

仕事仲間

今の仕事を始めてから5ヶ月が経ちました。

仕事自体はかなりきつい…
細かい作業ばかりで、目は疲れるし肩は凝るし…
みんな根はいい人ばかりだけれど、まぁ色々ある…
ほんわかムードの日もあれば、張り詰めた空気の日も…
でもこれからもずっと、ここで働きたいと思える職場です。

昨日、お客さんのお土産の団子を仕事場でみんなで輪になってほうばりました。仕事場で飲食することは今まで一度もなく、班全員で輪になって何かを食べるということも初めて。その状況がとっても新鮮でした。

同じ作業着を着て、同じ団子を輪になってほうばる…。私も当たり前にその輪の中にいる。「仲間だ…」とおいしいお団子を食べながら「仲間」という言葉が浮かんで、とっても幸せな気持ちになりました。

お団子を食べている時は、素のみんなを見ているみたいでした。それぞれの生活がある中で、なんの縁か偶然か、この会社に集まり、毎日同じ空間で仕事をし、起きている時間は家族よりも一緒にいるであろう仕事仲間。

毎日一緒にいればそりゃあ嫌な部分が目につくこともあるし、相手の機嫌が悪くてこっちまで影響を受ける日だってあるわけで…
でも個人個人として見ると腹が立つことも、大切な「仲間」として見ると不思議と腹が立たなくなりました。自分が不完全なように、完璧な人間なんていない。だからそれぞれの長所を生かして、お互いに補い合い、同じ目標に向かって日々頑張る!

実際に働いてみないと、その職場が自分に合っているのかどうかなんて分かりません。仕事自体が合っていても、職場の雰囲気や人間関係が合わないと辛過ぎて私の場合は続かなかったです(この会社に来る前に少しだけ勤めた職場は、すっごくすっごく辛かった!)。逆に仕事が辛くても、人間関係がうまくいっていれば頑張ろう!と思える。人は人に支えられて生きているんだな…と、支え合える仲間がいるって幸せだなと思いました。

みんなでお団子を食べただけ…
それだけで幸せに浸れる私は、おめでたい人間なのか、もしや愛に飢えているだけなのか…(^^;)

今日頑張れば明日からお休み!
頑張ろう!