たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

30代からの若さと老けは何で変わる?

f:id:tamagokakegohanlove:20160112070039j:image
「今日は老けてる!」と、鏡に映る自分を見て思う時がよくあります。テンション下がります・・・。
でも逆に「今日はなんか可愛い、若く見える!」という日もあるんです。テンション上がります。一気に良い気分になります。

30歳を過ぎてから、日によって「若さ」と「老け」の差が激しくなってきました。
これは一体どうしてなんだろう?
自分なりに考えてみました。

①服装
20代の時には似合っていた服装や服の色が、今着ると老けて見える。特によく分かるのがピンク色!薄ピンク、濃ピンクが全然似合わなくなった!昔はかわいく着こなしていたのになぁ・・・

②髪型
まとまりのないボサボサな髪は清潔感がなく、なおかつ老けて見えます。10代20代前半なら「癖毛風」もかわいいですが、この年になるとそれでオシャレ感を出すのが難しくなりました。髪は女の命!前髪だけでも印象はガラッと変わります。

③表情
若く見える時は表情が明るいです。目つきが違う。口角も自然に上がっていて締まりがあります。老けて見える時はこの逆です。肌が綺麗だと若く見えるというけれど、それだけでもないんじゃないだろうか・・・

いろいろなアンチエイジング法があってたまに挑戦したりもしますが、結局は自分に合った服装と明るい表情で若くいられるんじゃないかと思います。
もちろん規則正しい生活習慣は必須!

エステに行く余裕もないし、美容に充分かけられるお金もありません。年相応に衰えは感じます。それでも明るく笑顔でいれば、魅力ある女性になれるはず。清潔感と身だしなみを整えて。

いつまでも女性として輝いていたい。テレビに登場する「美魔女」のようなセレブな女性にはなれませんが、庶民派の「美魔女」を目指したいと思います☆