読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

引き寄せの法則

眠れない、食べられない・・・から、やっと復活しました。

今は、自律神経のお薬も睡眠導入剤も飲まなくてよくなり、日によっては不安定な時もありますが普通の生活を送っています。

ブログも不定期になると思いますが、これから再開していきます。

 

久しぶりに本の紹介です。

辛くてどうしようもなかった時、私を救ってくれたのがこの本です。

人生は思い通り! マンガでわかる「引き寄せ」の法則

私は今まで「引き寄せの法則」は、自分がイメージしたことが現実になる、引き寄せられる法則なのだと思っていました。

でもこの本で、「引き寄せの法則」の本当の意味を知り、私の日常がガラッと好転したんです。

 

引き寄せの法則」で大切なことは、自分が今できるだけ「いい気分」でいられるようにしておくこと。「いい気分」がいい事を引き寄せます。

 

多くの人は、自分の今の状態に気付くことなく、他人のことや起こった出来事のことばかり考えています。そんな時間を、「今の自分」に意識を向けてあげるだけ。今自分はどう感じているんだろうと意識を向けてあげることで、自分を客観的にみることができます。

 

他人や起こった出来事は変えられなくても、自分が変えられることがあります。それは、起こった出来事に対する自分の考え方や捉え方。どんなに悪い状況でも、他人がどうあるかに関係なく、自分の捉え方次第で良くも悪くもなります。

自分の幸・不幸を他人のせいや起こった出来事のせいにするのではなく、自分を幸せにしてあげられるのは自分だけなんです。

 

嫌なことを考えるんではなく、自分のやりたいこと、好きなこと、楽しいことを選択する。そして、今の幸せに気付くこと。過去や未来ではなく、「今の自分」を幸せにしてあげること。今の幸せを感じれば感じるほど、幸せを引き寄せていきます。

 

自分に意識を向けて、自分の気持ちに向き合って、自分が「いい気分」でいられることを選択していると、本当に楽しいことが引き寄せられてくることを感じました。

今までなら落ち込んでいたであろう状況も、前向きに捉えられるようになってきました。自分の考え方や捉え方のクセを変えることは、簡単なことではないと思います。意識していないと、すぐに今までの自分に戻って、ウツウツと私は悩みこんでしまいます。

だから私は、朝と夜にこの本をパラパラとめくって、自分が「いい気分」でいることの大切さを忘れないようにしています。

自分が「いい気分」でいると、他人にも優しくできます。表情や行動が変わることで、そんな自分を好きになって、自分を好きになると他人の良い部分もどんどん見えてくるようになって、嫌なことを考える時間がぐっと少なくなりました。

 

自分は今落ち込んでいるな、元気がないなってもう1人の自分が気付いてあげられたら、自分が自分を元気にしてあげるんです。美味しいものを食べたり、観たかった映画を見たり、疲れているならゆっくり身体を休めてあげたり・・・。これが「自分を大切にする」っていうことなんだなと、私は初めて分かりました。

 

もちろん、嫌なことから逃げて楽しいことだけ、何も考えないのは、それはそれで良いとは言えないと思います。悩むことも、反省することも、時には怒ることも、人間だからいろんな感情があって当たり前。喜怒哀楽はちゃんと感じられる人でいたいです。でもいつまでも落ち込んでいたり、暗くなっていたり、他人の言動で心を痛める時間が長ければ長いほど、どんどん自分を苦しめていきます。

私はその苦しみに耐えきれなくなって、生きていることが本当に辛くてどうしようもない時期がありました。でも、そんな辛い時期も今思えば、必要なことだったのかもしれないと思います。苦しんだからこそ、今が本当に幸せだと思えるからです。

私は、その当時の自分が大嫌いでした。でも今は、よく頑張ったね、よく乗り越えたねって自分を誉めてあげたいです。今の私がいるのはあなたのおかげよ、ありがとう、今私は幸せだよって、苦しんでいた頃の自分に言いたい。

 

久しぶりに文章を書いたので、まとまらなくて何を書いているんだか分からなくなってきました。

私は今幸せです!復活しました!って言いたいだけかな(^^;)

明日からも、主婦として妻として母として社会人として楽しく頑張ります。