たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

スマホと離れて分かったこと

ずっと調子が悪かったスマホがついに壊れてしまい、しばらくスマホがない生活を過ごしました。

普段は暇さえあればスマホをいじっていた私。スマホ依存性といえそう・・・。だから最初は、空いた時間に何をすればいいんだろうと困ってしまいました。

私にとっては最悪の事態!でも、スマホから離れたことで今までの生活を見直すとてもいいきっかけになりました。

 

とりあえず、なかなか読み進めなかった読みかけの本を完読。ためになったので、本の内容をまとめてみようと紙に書き出してみることに。あれ?字がめっちゃ下手!思うように指が動かない。すぐに疲れる。簡単な漢字も忘れてしまって書けない・・・。普段字を書かないとこんなことになってしまうのかと危機感を感じ、字の練習をすることにしました。

そして、休みの日は家でゆっくりゴロゴロしていたい派だったのに、近所でもぶらっと出掛けたい心境に。ゆっくりする時はスマホを見ながらゴロゴロしているだけだったので、無駄に時間が過ぎていっている感じでした。外に少し出るだけで清々しい気分になりました。

そして、LINEができないから誰からも連絡がくることはない。私は、スマホはデータ通信用で電話はガラケーの2台持ちをしているので、スマホがなくてもガラケーで電話はできるから大丈夫。と思っていたら、友達から電話がかかってきました。LINEができないからと電話でお喋り。LINEはほぼ毎日しているけれど、この子と電話で話すのはかなり久しぶりです。なんだかとっても楽しいし、嬉しい。

そして新しいスマホが私の手元に。設定で時間はかかったものの、今までのようにはスマホに執着しなくなりました。スマホがなかった時間があまりにも有意義だったから。

今の時代、子供関係の委員活動の連絡はほぼLINEだし、急な学校からの連絡はスマホアプリから一斉送信されてきます。だからないとやっぱり不便で、周りにも面倒をかけることになります。出掛けた時にはナビを使えるし、調べたい時にすぐ検索できて、お店予約もスマホから。とっても便利なもの。

でも便利だからって、なんでも過ぎると良くないことが今回よく分かりました。突然壊れたことで、スマホ依存克服です。もう戻らないようにしないとね。