たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

人づきあい学習帖 山本ふみこ

f:id:tamagokakegohanlove:20180225205224j:image
図書館で借りた本。

「人づきあい学習帖 山本ふみこ」

以前にも2、3度借りて読んだことがあります。何度読んでもまたふと思い出し読みたくなる本です。日常を綴ったエッセイ集で、心地よい文章がとても読みやすく、心に残る文章がたくさん散りばめられています。

私はずっと、長く付き合える深い関係こそが人付き合いの最も良い関係だと思っていました。何十年の付き合いだとか、何でも話せる関係に憧れていたし、そんな密な関係を作っていくことが大切なのだと思っていました。

でもこの本を読んで、いつも同じ時間に出会うだけのただ道の上で挨拶するだけの関わりがかけがえのないものになり得ることや、どんなに親しくしていた友人でも自然と疎遠になることはあるし、好き嫌い関係なく人付き合いにも「寿命」があることや、休眠期間があることなどを知り、付き合いが長いから良いとか、深い付き合いだから良いとかいうものではないんだと気付かされました。

目の前にいる人と、心地よい時間を一緒に過ごせることが大切で、その関わりの重さや嵩はそれぞれで自然に任せていけば良いんだと。

人との距離感や付き合い方は難しいけれど、「一期一会」一つ一つの出会いや繋がりを大切にしていきたいなと思います。