たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

今朝のこと、今朝思ったこと

f:id:tamagokakegohanlove:20180511064644j:image

雲一つない青空も好きだけれど、真っ白な雲が浮かぶ青空も好きです。

小さかった頃、雲の上は歩けるものだと思っていました。

小1の次男に聞いてみたら、

「歩けないと思う。」という返答。

小5の長男に聞いてみたら、

「雲は水蒸気やから歩けへんで。」と、何ともしっかりした返答。

 

ゴミを捨てにゴミ捨て場まで歩いていたら、

「おはようございまーす。」

と、元気な声。

自転車に乗った女子中学生3人組でした。

ここに越してきた時、大きな声でしっかり挨拶をしてきてくれる子供達に驚いたものです。

息子達に以前、登下校の時にちゃんと挨拶をしているのかを聞いてみたら、何を当たり前のことを聞いてくるんだという感じでした。

子供達にとっては当たり前のこと。

 

でも会社へ行くと、そうでもない。

私は遅い出勤なので、みんなが黙々と作業をしている部屋に入っていきます。

その中へ入っていくのは、正直今でも入りにくい。

挨拶をして入っていっても、ボソボソっと返してくれる人もいれば、絶対聞こえているはずなのにいつも無視をする人もいたり、遠くにいても大きな声で挨拶を返してくれる人もいて、様々。

挨拶を返してくれる人がお休みの時は、私の挨拶の声はスーっと虚しく消えていって、自分の存在を無視されているみたいで朝から憂鬱な気持ちで仕事に取りかかります。

挨拶は、返してもらうことを求めないで挨拶するもの。

分かっちゃいるけど、やっぱり気持ちの良い挨拶を交わしたいじゃないですか。

どんどん私の声も小さくなってきているけれど。

今日も朝から反省ー。