たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

見破られたり

昨日の朝、次男がなんとなく調子が悪そうだったので学校をお休みしました。

熱はないけれど、こういう時に無理に学校へ行かせると夕方高熱が出て寝込んでしまった経験が何度もあり、めったに風邪も引かない元気な息子たちだからと休むようにしています。

お休みが決定した次男。

そのやりとりを見ていた長男は、暫くすると体育座りをして首をかしげながら、

「ちょっとしんどいなぁ・・・」

と自分も調子が悪いアピール。

いやいや、さっきまで元気だったでしょ。

飛び跳ねていたでしょ。

いつもの笑顔でバクバクご飯食べていたでしょ。

とは思ったけれど口には出さず、

「しんどいの。そっかー。」

と、私は家事に奮闘。

私の様子を見て、母に言ってもダメだと思ったのか、次は父のもとへ。

同じようにアピールしたのでしょう。

夫が私のところへやって来て、

「めっちゃアピールしてくるんやけど(笑)」

「さっきまで元気やったやんなー(笑)」

父にも通じなかったみたい。

両親ともに仮病を見破られてしまった長男。

諦めたようでまた元気になって、やり残していた持ち物の準備を始めました。

分かりやすい、ウソ。

まだまだ修行が足らんな。

弟が休めると知って、羨ましかったんでしょう。

 

夜、夫が仕事から帰ってきて、

「〇〇(長男)、どう?」

と私に聞いてきました。

次男じゃなく長男?と一瞬思ったけれど、

「元気やで。」

「そっか(笑)」

安心した顔をする夫。

夫は仮病だと思いながらも、内心心配していたようです。

もし長男がぐったり学校から帰ってきていたとしたら、私達はどっと反省することになります。

いや、今回は明らかにウソだと分かったけれどね。

 

次男はというと、まだ本調子ではないものの昨晩は朝より元気。

運動会の疲れが出たのかな。

あの日は暑かったから。

観客席で見ているだけの家族でさえ、あの日差しに一日中当たっていたら身体がぐったりしました。

f:id:tamagokakegohanlove:20180606052721j:plain

ある日の夕ご飯。

ホッとしたい時に食べたくなる、スープパスタとトマトとチーズとバジルのサラダ。

器の選択を間違えてスープがギリギリ。

このスープパスタ、以前適当に作ってみたら子供たちに好評で、「また作って!」と珍しく言ってもらえた自信作。

スープは、牛乳ととろけるチーズとコンソメと塩コショウ。

冷凍のシーフードミックスと野菜やきのこ(この日は玉ねぎ)、そしてパスタをそのスープの中に入れるだけ。

一鍋で出来て簡単です。

元気になったら作ってあげよう。

 

 

(追記)

朝起きてきた次男はすっかり元気。

今日はお兄ちゃんと元気に登校しました。