たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

心に留まった名言

昨年だったか、スマホに突然現れたグーグルアシスタント。

何を触ったのかいきなり喋りだすからビックリしました。

インストールしたわけでもないのに、なぜ!?

なんか怖いんですけど!

 

でもちょっと暇だったから・・・

「名言を教えて」という、サンプルのような質問が表示されていたので、試しに押してみました。

「もう1つ」を押せばどんどん出てくる名言の数々。

 

その中でふと目に止まった、ヘレンケラーの名言。

f:id:tamagokakegohanlove:20180717071047p:plain

 

「ひとつの幸せのドアが閉じる時、もうひとつのドアが開く。しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気付かない。」

 

幸せは一瞬一瞬で、どんなに望んだって、今の生活は永遠に続くことのない生活。

小さな我が子達との生活もきっと今だからこその幸せ。

いつかこの家を出て行く時がくるんだろうなと、ふといつか来る未来を思って寂しくなるけれど、その時には子供達にも、私達にも、もうひとつのドアがきっと開かれているんですよね。

 

今、実家の父は一人暮らし。

祖母を見送り、祖父を見送り、母を見送り、娘の私は嫁いで家を出て行き・・・。

でも一人娘の私が嫁ぐ時も、寂しさを一切見せなかった父。

もしかしたら見せないようにしていたのかもしれないけれど・・・

あっさり過ぎて、私の方が寂しくなったくらい。

でも父はきっと、もう一つの幸せのドアが開いていることに気付いていて、そのドアに向かっていたのかもしれないなと。

私も父みたいになれるかしら・・・。

 

とふと思った、今日の朝でした。

さ、連休明けはしんどいでー。

頑張ろー。