たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

不足感で苦しくなった時は

「ない」ものではなく、「ある」ものに目を向ける。

「ない」ものに意識を向けるから、人は苦しくなる。

・・・と、分かってはいてもそう簡単にはいかなくて。

 

でもふと昨日、思い出したこと。

昔何かの本で読んだ、不足感で苦しくなった時の対処法。

ないから苦しいと感じている状況を、逆にそれがあり過ぎて苦しくなる状況まで妄想する!

 

たしか本には、例えとして恋愛のことが書かれていました。

「彼からあまり連絡がこない。もっと連絡がほしい。」という不足感からの苦しい現実。

想像します。

彼からちょこちょこ連絡がくるようになって、喜んでいる自分を。

愛の言葉もたくさん囁いてくれます。

ここまでは、普通(?)の妄想。

ここで妄想をやめて現実に戻ると、また苦しくなるので・・・

そこではやめずに、その求めている状況から、あり過ぎて苦しくなる状況までとことん妄想をする。

彼から朝から晩まで、毎日毎日連絡がくる。

一日に100回以上彼から連絡がくるようになる。

もうしなくていいよと言っても、彼はやめない。

だんだん返すのが面倒になってくる。

イライラしてくる。

この妄想を続けていると、どんどん嫌になってくる。

もう嫌ー!!!

ってなった時に、そこで妄想をやめて、現実に戻ってみる。

すると、「ない」ことにホッとする・・・。

ホッとしたら成功です。

っという感じの内容だったと思います。

 

自分が欲深くなっているなと感じた時、もっともっとと欲してしまう時の荒業。

いろんなことに応用ができて、妄想好きな私は結構楽しくやった記憶が。

この方法がいつもうまくいくとは限らないし、状況によっては別の選択をした方が良い時はもちろんあるだろうけれど、これも一つの方法として。

お金、時間、モノ、仕事、人間関係などなど・・・昔いろんな妄想したなぁ。

物足りなかったり、何かが足りないと感じる時は、それさえ手に入れば今の状況が変わって幸せになれると思ってしまうけれど、手に入れたら入れたでその時にはまた、別の悩みができるもの。

あり過ぎて嫌になるまで想像した後の、現実に戻った時のホッと感。

試した人にしか分からない、このホッと感。

妄想好きな人じゃないと向いていないかな?

 

昨日久しぶりにこっそり試した後、

f:id:tamagokakegohanlove:20180802215517j:plain

美味しいものでもホッと一息。

ヨーグルトチーズトースト。

食パンに、ヨーグルトとチーズをのせて焼くだけ。(ズボラな私は〇〇するだけレシピに弱い。)

お砂糖を入れたヨーグルトの酸味と甘み、チーズの塩っけが美味しい。

レシピにはチーズケーキの味になるって書いてあったけれど、これはヨーグルトとチーズをパンにのせて焼きました!っていう、そのまんまの味に私は感じてしまう。

味覚が鈍いのかなぁ・・・。

でも美味しい☆