たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等をつづっています

同僚とお茶

昨日、職場の同僚と久しぶりにお茶してきました。

「お茶しよう=お喋りしよう」、です(^^)

会社では話せないこと、たくさん話しました。

同じ境遇にいて分かり合える人がいるって、とても救われます。

自分が引っかかっていたことを先にその子が話し始めた時には、ビックリと同時に嬉しかったり。

私が辛いなぁって思っていたこと、ちゃんと分かってくれていたり。

私達は別々の部署なのだけれど、たまに応援で一緒に仕事をすることがあって、お互いが所属している部署の雰囲気やら、仕事内容やら、人間関係やらを適度に知れて、だからこそ調度いい距離間で話ができます。

苦手な人が同じ、ってとこも大きいです。

人の好き嫌いや気が合う合わないって誰にでもあると思うのだけれど、それをあからさまに相手に言葉や態度でぶつけてくる人達が苦手です。無言の圧もビシバシ感じます。

お互いが気持ちよく仕事ができるようにすることも大切なことだと思う。

人のやる気を削ぐようなこと、人をわざと傷付けるようなこと、そんな悪い顔して平気でしないでって思う。

その人達に共通していることは、人と接する時の態度が一貫していないところ。

その日によって、相手によって、誰でも多少は違って当たり前だけれど、その差があまりに激しくて。コロコロ変わり過ぎます。だから怖い・・・。

自分のことしか考えていないんだろうなって思います。

 

職場の雰囲気がかなり悪いので、

「私達は染まらないようにしようね!」が口癖です。

でも少し染まってる感もお互いに感じていて、会社関係とは全く違う友人達との中に入った時の自分たちが、昔と変わったことにも危機感を感じていて。

あっけらかんとお喋りする友人達の中にいると、あぁこれが普通(普通っていう表現が適切かどうかは分からないけれど)だったんだって思う。

でも、仕事が好き!だし、尊敬する先輩や同僚もいるし、頑張ります☆

 

今日は朝5時半出発。

お墓参りと、長男が行きたがっていた所へ行ってきます。

f:id:tamagokakegohanlove:20180811035742j:plain