たま☆日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等を綴っています

昨日の朝のこと

昨日、出勤前に公園へ歩きに行きました。

曇り空で風も吹いていて、調度良い涼しさ。

歩いていたらポツリポツリ雨が降りだして。

慌てた私は駐車場へ走りました。

で、こけました。

ケガをしたのは、両手、両ひじ、両ひざ、腰、オデコ。

そして、服も破れてしまいました。

ちょっと走ってこけただけなのに、なぜこんなにも色んなところをケガしてしまったのか。

痛くて走れないので、結局雨に濡れながら歩いて車へ。

近くのコンビニに寄って絆創膏を買い、コンビニのトイレで痛みに耐えながら傷口を洗い、何枚も絆創膏を貼って出勤。

仕事で着る服は長そで長ズボンなので、バレませんでした。

そしてオデコも、普段から前髪をおろしているので、傷側の髪を多めにして斜め前髪にしてバレませんでした。

仲良しの同僚には、バカだから笑ってオーラを出しながらこそっと更衣室で話しましたが。

 

出血している酷い傷の部分だけ絆創膏を貼って、擦り傷は範囲が広くてどうしようもないので放置。

家に帰ってから、傷が早く治って傷跡が残らない処置の仕方をパソコンで検索。

浅い傷なら、サランラップが良いみたい。

消毒液は使わないこと。

乾燥させないこと。

この2つが、傷を早く綺麗に治す秘訣。

でもさらっと調べただけなので、それが本当に本当なのかは分かりません・・・。

でも信じて、こうなりました。

f:id:tamagokakegohanlove:20180816180942j:plain

ラップでぐるぐる巻き。

 グロテスクにならないように、ひどい傷の部分は隠れるように撮ったので、痛々しさはないかな。

もっと調べてみたら、傷の部分だけ小さく切ったサランラップを当てて、絆創膏や包帯、テープで固定したらいいみたいです。

それだと外でも大丈夫そう。

外でラップぐるぐる巻きはさすがにちょっと・・・。

 

体にラップを巻いている時に、母のことを思い出しました。

むかし母が、二の腕や太ももやお腹にサランラップを巻きながら家の中で運動をしていたこと。

ダイエット。当時子供だった私は、お母さん大変だなぁ・・・と、傍で見ていたなぁ。

 

ガーゼだとはがす時にひっつくけれどラップだとひっつかないし、ラップでグルグル巻きだとお風呂も水が触れないので沁みません。

「息子達のケガもこれからはこうしたら良いね!」とか、

「鼻じゃなくてオデコで良かった!」とか、

「ズボンじゃなかったら足のケガがもっと酷かっただろうし、これだけで済んで良かったわ。」とか、

「もし冬でコートが破れていたらショックが大きいけど、安いTシャツで良かった。」とか、

私が良いようにこじつけて夫に話していたら、

苦笑いされてしまいました。

そもそも、こけなければ良かっただけのこと。

息子達は、「どうやったらそんなことになるの?」と不思議がっていました。

私も、不思議です。

子供の時でさえ、こんな全身をケガしたことがありません。

 

全身、痛い・・・。

傷跡、絶対残るよね・・・。

自分が情けなくて、心も痛い。

 

痛いけれど・・・

今日もお仕事頑張ります☆