たま☆日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等を綴っています

タイトルが思いつかない日

いつからこんなにも毎日ブログを書くようになったんだろう?とふと気になって調べてみたら、今年の3月くらいからでした。

それまでは不定期で、1日に2回更新する日もあれば、忘れちゃうくらい日が空いている時期もありました。

最初は、好きな本のことを自分メモとして残していこうと思って始めたブログ。

まさか今のような日記ブログを書くようになるとは、思ってもいませんでした。

ほぼ毎日更新していると、今日は何を書こう?と悩む日もあります。

で、今日がまさにそんな日。

いつもならそれでも何かしら書きたいことが浮かぶのだけれど、今日は頭の中が空っぽです。

 

でも、昨日写真を撮ったんでした。

なんともないことが一つだけ。

 

昨日長男が、

「今日は3時のオヤツがあるで~。」

と習い事帰りに車の中で楽しそうに言いました。

「オヤツ?何?」

と聞いたら、

f:id:tamagokakegohanlove:20180819073306j:plain
f:id:tamagokakegohanlove:20180819073506j:plain

かき氷~。

男の子ばかりの我が家に、キティーちゃんのかき氷機。

何年も前に誰かからもらいました。誰だったかな・・・。

イチゴのシロップと練乳をたっぷりかけて。

お母さんは少しでいいよ、と言ったら、予想以上に少し過ぎー。

でも2人が夢中でかき氷を食べている姿は、いつ見ても可愛くて微笑んでしまう。

おしまい(笑)

 

毎日書いていると書くことのハードルがグッと下がったというか、何でも書いちゃおうという気持ちになります。

きっと毎日書いていなかったら、このかき氷の事だって書いていなかったはず。

でもそれで良いんじゃないかなとも思う。

毎日ネタになるようなスゴイことが起こるわけでもなし、逆にそんな毎日だったらきっと疲れてしまうだろうし。

平凡な毎日、平凡な出来事をただ思い返して書いてみる。

ネガティブな事だって、書いちゃえばスッキリする時もあるし、書くことでその時には見えていなかった自分の悪かったところに気付けたり、相手はもしかしてこの時こんな気持ちだったのかな?と冷静に想像できる時間にもなるし、そうすることで一つ一つ解決はしていなくても一歩ずつわずかでも前に進んでいっているように感じます。

 

日記を書くという目的だけなら、自分の中でのお楽しみとして密かに書いて楽しめばいいもの。

でもそれを公開する、読んでくれる人がいる、と思って書いた日記は、書く時の心構えが全然違います。

読みにくい文章になっていないか、誤解を受ける書き方になっていないか、これを書くことで傷付く人はいないか(注意していてもきっと不快を感じさせてしまっている時がきっとたくさんあると思います。ごめんなさい。)、写真を入れることで文章では伝えられない部分が伝わるかもしれない、とか。

 

そして、やっぱり、今こうしてブログを書くことを楽しく続けていられるのは、同じようにブログを書いていらっしゃる方や、ブログの行き来をさせて頂いている大切な方達がいてくれるから。

はてな」でしかブログを書いたことがないので分からないけれど、こんなにもブログを通して人との交流ができるものだとは思ってもいませんでした。

コメントを書くことも昔はとっても苦手だったけれど、今は気軽にできるようになりました。

といって、今でも読んで感動したり、声をかけたい、伝えたい!と思っても、うまく言葉で表せなくて書きかけて断念したり、スター☆の数で気持ちを!という、なんとも分かりにくい表現で気持ちを表すこともあったりですが。

 

今日は書くことがないと思っていたのに、書き始めたら止まらなくなっていました。

これならかき氷のことを書く必要なかったな・・・。

今日の夜はウクレレ

今日は初めて、コンサートホールでのリハーサルです。

「その持ち方、変!」

と、傷をかばってウクレレの練習をする私に長男が一言。

変だけど・・・コンサートに出るのも迷ってるんだけど・・・

でも2カ月間この日のために頑張ってきたんだもの。

七分袖来たら包帯は見えないし、舞台に立っても大丈夫!

 

最後まで書いたけれど、タイトルが全く思いつきませんでした・・・