たま☆日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等を綴っています

夏休みの宿題

昨日は丸一日かかって、夏休みの宿題に奮闘しました。

子供の宿題だけれど、親の宿題ともいえる・・・。

ドリルの〇付けだったり、なかなか進まない自由研究を手伝ったり、親にインタビューをするという宿題まであったりして、昨日は普段使っていない頭の部分がフル稼働しました。

あー、疲れた。

f:id:tamagokakegohanlove:20180805134622j:plain
f:id:tamagokakegohanlove:20180827062203j:plain
f:id:tamagokakegohanlove:20180811161931j:plain
f:id:tamagokakegohanlove:20180827062247j:plain

そして長男の宿題の一つに、家族に仕事について聞くという宿題がありました。
「その仕事のやりがいや大変なことについて教えてください。」

「その仕事についての思いを教えてください。」

「なぜ今の仕事につこうと思ったのですか。」

「あなたにとって、働くとはどういうことですか。」

等々、難しい質問・・・。

 

今の仕事にやりがいを感じながら仕事をしているのかというのも曖昧で、全くないわけではないのだけれど、時間帯だったり場所的な面だけでこの仕事を選んだこともあって・・・。

でも真剣に考えて、紙に書き出してみて見えてきたもの。

職場の人間関係で毎日凹んで悩んでいるけれど、会社は仕事をするために行っているんだ!という当たり前のこと。

「働く」ことは、社会のため、人のため、自分のために、自分ができることを積極的に見つけて頑張ること。

幸せに生活していくために働いて、お金をいただいているんだということ。

私の中で浮かんできた答えが、正しいのか間違っているのかに自信はないけれど、働くということを真正面から真剣に考える良いきっかけになりました。

今私は、自分が働きたいから働いているんだということにも気が付きました。

長い専業主婦時代、外に働きに出ているママ達が羨ましく輝いて見えたり、劣等感をもったり、社会から取り残されているような気持ちになったこともあったけれど、そんな引け目を感じることはなかったんだと今なら思います。

家で笑顔でいられたらいいや~って思います。 

 

といって、月曜日の朝。

気が重いことには変わりないんだけれどね。

今日もぼちぼち頑張ろう☆