たま☆日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等を綴っています

一人マクドと、寂聴さん

おとついの土曜日は、お昼過ぎから一人でした。

一人だと家事がはかどります。

スッキリしたところで、お腹がすいたー。

夕ご飯も一人だったので、

f:id:tamagokakegohanlove:20180908202423j:plain

一人マクド

普段なら家にあるもので済ませてしまうのだけれど、食べたいものがありました。

f:id:tamagokakegohanlove:20180908202344j:plain
f:id:tamagokakegohanlove:20180908202324j:plain

ずっと気になっていたコレ。

バターがしっかり香るパンに、厚いチーズ、厚いベーコン、目玉焼き。

贅沢なバーガーだなぁと思いながら、完食。

 

そしてその後は、本屋さんへ。

f:id:tamagokakegohanlove:20180908193949j:plain

瀬戸内寂聴さんの本は初めてです。

前書きにあたるであろう文章に心奪われました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

長く生きて、愛についてわかったこと

 

人はなぜこの世に生きているのでしょう。

それは愛するためです。

愛する人にめぐりあうために、人はこの世に生れだされます。

けれども、会うは別れの始めということばもあります。出逢ったものは、人でも物でも必ずいつか別れがやってきます。別れはさみしく、辛いものです。けれども人として生まれた以上、辛い別れに出逢わない人間などいないのです。

お釈迦さまは、「この世は苦だ」とおっしゃいました。苦しむために人はこの世に生れるのでしょうか。人間の生きる苦しみは四苦八苦と呼ばれます。人間は苦しむためにだけ、この世に生れてきたのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。この世で苦しみにあう度、人間の心はきたえられ、ねられ、強くなります。自分が苦しんだことによって他者の苦しみが想像できます。自分が辛かったことをかえりみて、他者の苦しみを少しでもやわらげてあげたいと思います。これが「思いやり」で「思いやり」こそが愛なのです。

(省略)

愛とは自分以外の人の心を想像し、その願いを叶えてあげたいと思うやさしさです。

九十六歳も長生きして、今、わかったことは、愛とは許すことだということです。

私たちはひとりひとりが常に目に見えない大いなるもの、神とか仏というものに許されて生きているのです。

そのことに気付き感謝を忘れぬようにしましょう。お釈迦さまは亡くなる時、

「この世は美しい 人の心は甘美である」

とおっしゃいました。この世は苦だと認識されながら、こんな美しい言葉を私たちに残して下さいました。この甘美なこの世で、私たちは幸福になる権利があるのです。

人を愛し、思いやり、許し、許されて幸福に生きましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今日が素敵な一日となりますように☆

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます♡<(_ _)>