たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等を綴っています

食べること

昨日は子供達とおじいちゃんのところへ。

手土産に持って行ったパン、とても喜んでくれました。

実家にパンを持って行ったのは、6年前が最後。

ガンで入院していた母が、一日だけ家に帰らせてもらえた日。

その時はまだ、少しですが口から食べることができました。

母が元気だった時は、毎朝ミルクパンに牛乳を入れて温め、ちぎった食パンを入れて食べるのが大好きで。

一時退院できたその時は二口くらいしか食べられなかったけど、美味しいって言いながら食べてくれた。

人一倍食べることが大好きだった母なだけに、胸がぎゅっとなりました。

 

父は私たちが帰ってから、夜に食べるみたい。

やっぱりね。

毎夜の習慣になっている、父の夜パン。

夕ご飯を食べてから夜寝るまでの間に小腹がすくらしく、食パンなり菓子パンなり、何かしらパンを食べるのは昔からの日課

父も母も、好きなものがあったら毎日同じように同じ時間に食べるクセは同じです。

私はどうだろう?

はまった時は毎日食べるけど、何年も継続している食の習慣ってないな・・・。

その血は受け継がなかったみたい。

 

父のところへ行く前に、朝4時起きだったからかパンが焼きあがって急に眠たくなり、また布団の中へ。

「最後の一個、食べていい?」

「いいよ。」

起こしてくれたのは、次男でした。

時計を見たら、もう10時!

どんだけ寝たんだか・・・。

ちょっと待って。

さらっと受け答えしたけど、最後の一個って言った!?

f:id:tamagokakegohanlove:20180915095816j:plain
f:id:tamagokakegohanlove:20180915095836j:plain

 夫は早朝に一切れ食べて仕事へ行って、父には3切れほど先に分けてありました。

この量を息子たち二人で食べ尽くしたみたい。

朝からすごい食欲!

私、味見程度に端っこちぎったのしか食べてない(T_T)

今日は作らないけど、また作ろう☆

 

何年も放置していたホームベーカリー。

先月の始めに久しぶりに出してきました。

ホームベーカリーパンを食べた次男は、

「このパン、味がする。」

と言って、夫に食べろと口に放り込んでいました。

「ほんとや、何も付けんでも味するなー。」

と言う夫。

市販のパンにはたくさんの材料(添加物や香料も・・・)が入っているのに、とってもシンプルな材料の手作りパンの方が味がするって、どうしてなんだろう?

計った材料を入れて、スイッチポン。

普通の食パンなら、もうほんとに簡単。

子供達には美味しいものを食べさせてあげたい。

お腹を満たすためだけのものじゃない、食べることが楽しいと思えるような食卓を囲みたい。

毎日夫の帰りが遅くて、家族全員がゆっくり食卓を囲めるのは週に1日ほどしかないけれど、大きくなって家を出た時に、ふと懐かしく良い思い出として思い出してくれたらいいな。

 

そして、今日は夫もお休みです。

長男が「大きな遊具がある公園」へ行きたいと言っていたので、今からパソコンでポチポチっと検索して、家族みんなで行ってきます☆

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます<(_ _)>