たまご日和

日々の出来事、思ったこと、本のこと等を綴っています

嫌いだったセロリと、次男のこと

子供の頃は大嫌いだったセロリ。

大人になった(おばちゃんになった)今なら食べられるかも?っと思い、先日初めてセロリを買いました。

母の命日、母が作ってくれた手料理を思い出して作りたくなります。

f:id:tamagokakegohanlove:20181122075253j:plain

セロリとリンゴのサラダ。

母のサラダには葉っぱは入っていなかったはずだけれど、一か八か葉っぱも一緒に入れてしまう。

二十数年ぶりに食べました。

意外に、、、イケる!

子供達もバクバク食べてくれました。

リンゴを多めに入れたので甘くて調度良かったみたい。

f:id:tamagokakegohanlove:20181122075335j:plain

夫の晩酌用に。

義母から葉付きの人参を頂いたので、チクワと炒めてお醤油を回しかけてみる。

人参葉の独特の風味が美味しかったです。

卵焼きに入れても美味しいと教えてくれました。

スーパーではなかなか手に入らない葉付きのお野菜。

とっても嬉しいです。

 

きのう次男が、イジメ?ともとれるようなことをクラスの子にされたことを知り、持ち帰ってきた職場でのモヤモヤが一気にふっ飛びました。

次男の汚れた帽子を見て、泣きそうになりながら洗いました。

そうこうしているとお兄ちゃんが帰ってきて、話すとガックリ溜め息をつきました。

「今年の一年生は悪いことする子が多いねん。」

と長男。

石を投げる子がいたり、注意しても聞かなかったり、列にちゃんと並ばない子がいたり、高学年の長男は毎朝の通学で手を焼いているみたいです。

今年の一年生は・・・と長男が言うのは、長男自身が高学年になったから感じることなのかもしれません。

でもその年によって、学年によって、なぜか雰囲気がなんとなく違うことは私も感じていました。

自分が学生の時も、なんとなく。

次男の授業参観へ行った時、授業を何度も中断しなければならない状況にビックリしました。

担任の先生以外にも、二人の先生があちこち声をかけて付き添って・・・。

先生達、気の毒なくらい大変そう。

入学式でも、用意された席に座らない子がいたり、全員での記念撮影を拒んでずっと睨み付けている子がいたり・・・。

長男の時にはそんなことがなかったのでとても驚きました。

そして次男は昼休み、教室で一人でいると聞いて、ますます心配に。

他にもクラスの子達はいるし、教室の中で一人きりというわけではないみたいだけれど。

「大丈夫?」と聞くと、「大丈夫でーす。」と次男は腰に手を当てて胸を反らしながらニコニコして言いますが。

ほんとに大丈夫なのかな。

ただ次男が、ちゃんと話してきてくれたことが救い。

一人で抱え込まないで話してきてくれたことは嬉しかったです。

泣くでもなく、怒るでもなく、事実を淡々と話してくれました。

次男はもう気にしていない風なのに、ひどいことをするもんだ!と私と長男は長いこと怒っていました。

長男、小さいパパ状態です。

「先生に一応言っておいた方がいいよ。何かあったら話した方がいい。」

と、長男からアドバイス

「もうすぐ個別懇談があるから、その時に話すわ。」

「うん、そうして。」

毎日帰りが遅い夫の代わりに、今は長男が良き相談相手です。

いや、夫より相談しやすいかも(*´-`)

なんて夫には絶対言えない。

 

今週も色々あった一週間でした。

ぼちぼち準備をして、キャンプに出発です☆